スポンサーサイト
--.--.--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
// --:-- // スポンサー広告
 ご案内
2011.09.23(Fri)
←でお知らせしたつもりだったのですが、
未だこちらにワンクリックしてくださっている方が
結構いらっしゃることが、今わかりました。
不親切・言葉足らずですみません。

わたくしの近況は、
こちらから直接アクセスしてみてください。

http://otto31.tuna.be/
(夫が31歳の時に始めたという安易なアドレス。
 乗っ取り完了。)



これからも、変わらぬご愛顧の程を~!
スポンサーサイト
// 16:27 // 未分類 // Comment(2)
 33歳。
2011.08.27(Sat)
「33」から連想すること。

 夫→長嶋
 私→愛燦々(美空ひばり)


こんな、昭和の香りが必要以上に漂う夫婦のために、
杉山ファミリーが誕生日の宴を催してくれました。

「トミーだいすき!!」と言ってくれる子供たちに囲まれて
過ごすことが、このところの夫の活力源になっています。


P8281256.jpg

↑は、当日参加できないトモちゃんが
前夜にこっそり届けてくれたもの。

当日の宴の場所がまだ決まっていなかったので
「外で食べることになっても飾れるように」と、
卓上型のメッセージを作ってきてくれました。
なんて繊細な子(涙)!!



 
// 22:01 // 未分類 // Comment(2)
 夏休みの友
2011.07.28(Thu)
二本松市在住の姉一家。
私が心配なのは、放射線量の高さよりも
彼女たちの問題意識の低さだ。
人一倍、心配性キャラだったはずなのになぁ・・

“せめて夏休み中ぐらいは、
少しでも線量の低い場所で過ごさせたい”

という叔母心から、甥っ子を一時預かることにした。

「あんまり甘やかさないでね。」
と姉は言うけれど、そう言われると
是が非でも甘やかしたくなるのが、次女というもの。

さぁ遊ぼ遊ぼ!宿題なんかさせないよー!!



 
...more
// 19:45 // 未分類 // Comment(2)
 迎える準備
2011.05.28(Sat)
夫の両親が訪ねてきた。
顔を合わせるのは、なんだかんだで今年初。

誰かが訪ねてきてくれる時、
おみやげは何にしようかとあれこれ考えるのが
いつもの儀式。(そういうの嫌いじゃないので苦ではない。)

できれば、ここでしか手に入らないものを
持って帰ってもらいたい。
ゼリーを用意しておけば間違いはないけれど、
直接お店に行きたいと言われる可能性も大だし。


なので今回は・・・


 
...more
// 20:22 // 未分類 // Comment(2)
 準備完了
2011.04.29(Fri)
P4290394.jpg


母の日の贈り物が決まった。
今年は、日傘。

日本製・コットンガーゼ100%・撥水・UV加工・予算内♪

夫曰く、「お互いの母親のイメージにぴったりな柄」。
結婚して4年、私が褒められて嬉しいポイントを心得てきたようだ。

 
// 20:43 // 未分類 // Comment(1)
 プレゼント
2011.04.21(Thu)
P4200381.jpg


うちの近くの、家族経営の小さな花やさん。
常連というほどの上客でもない私にも、
いつも笑顔で最高のサービスをしてくれます。
(センスはともかく。)

お遣いものを求めて久々におじゃました昨日、
「よかったら飾ってください。」と、色鮮やかな
商品のガーベラを5本も手渡してくれました。

こんな日は、一日いい気分。
余震があっても、花を見ればいい気分。
 
 
// 13:10 // 未分類 // Comment(2)
 震災太り
2011.04.19(Tue)
「心労で3kg痩せちゃったの。」という声もある中、
ましてや、避難所で食事もままならない方が大勢いる中、
おそるおそる「実は過食なんだ。」と打ち明けてみる。

すると、中には「わかる!」「私も!」と
賛同してくれる友人もいて、安心してまた食べる。
こだまでしょうか。いいえ、ダメ人間。


P4190372.jpg

本日のお楽しみは、粋な京みやげの『生麩餅』。

つるんとした喉越しと程良い甘さで、
食後にもかかわらず、餅にもかかわらず、ペロリ。
2個いけそうだったけど、一応やめておきました。

 
// 20:50 // 未分類 // Comment(4)
 ここんとこ
2011.04.05(Tue)
TVやネットでたくさんの情報を見聞きしても、
それを処理する能力がなければ結局は何も得られない。

そう気付いてから、新聞しか読まなくなりました。
無関心とか、絶望とか、そういうことではなく。

家の中で悶々としているだけでは前に進めない。
“放射線がなんぼのもんじゃい!”とばかりに、
近所の観光施設の清掃や、隣家の瓦修復のお手伝い。
今こそ、持て余している時間を役立てる時!



原発に対する、私(配偶者あり・子なし)の基本理念は、3つ。

■避難は、勧告が出てから。自主避難は考えない。
■もう振り回されない。普通に慎ましく生活する。
■でもまぁ一応、洗濯物は室内に干しとこっか。

これだけです。すんごい楽です。
さて、今日も一日、マスク・ゴム手・長靴で頑張ってこよう!

 
// 08:20 // 未分類 // Comment(6)
 大丈夫。
2011.03.13(Sun)
はじめに、今回の地震で被害に遭われた方々に
心からお見舞い申し上げます。
また、私たち夫婦の身を案じてたくさんのメールをいただき、
本当にありがとうございました。

私たちは無事です。
家も、物が落ちてきたり食器が割れたりということもなく、
心配された津波の被害も、他の沿岸地域に比べたら
ずっとずっと小さかったと思います。

ありがたいことに、電気・ガス・水道も通常通りですが、
いつ使用できないようになるか分からないので、
最小限の使用で過ごすことを心がけている日々です。

地震後、同じ社宅の奥さんとのんきにTVを見ていたら、
友人が迎えに来て避難所に連れ出してくれました。
中学校の校庭で、車の中で数時間過ごしただけでしたが、
それがどんなに心強かったことか。

その後も、ごはんを用意してくれたり、泊めてくれたり、
井戸を掘ったから安心だよと連絡をくれたり・・・
友人たちや隣近所の方々が、様々な面で気遣ってくれました。
月並みですが、私はひとりで生きているわけではないと
改めて実感しました。みんな無事でいてくれてよかった・・・。

とはいえ、地震の被害はますます拡大しているし、
余震も続いているし、原発も心配だし、
大切な家族を亡くされた方、行方の分からない方、
避難中の方々もたくさんいらっしゃいます。
夫の職場関係でも連絡がとれない方がいるので、
本当に胸が痛みます。

今日も、いつもと変わらない爽やかな青空。
時折鳴り響くサイレンやヘリコプターの音がなければ、
数日前におそろしい大地震があったなんて信じられません。
一日も早く、平穏な日々が戻ってきますように。


みんなでこの試練を乗り切ろうではありませんか!!

  
// 15:35 // 未分類 // Comment(9)
 なんでも上から評価してしまうのが、僕の悪い癖 (右京さん風)
2011.03.07(Mon)
福島県の、浜通りの、いわき市の、小名浜地区。
どこにでもある、良く言えば穏やかな、
悪く言えばパッとしない片田舎の小さな町。

どこにでもあるわけではないものは、海。
海があるからこそ、港があり、鮮魚店があり、水族館があり、
工業地帯があり、週末にはそれらを求めて人が集まる。

そんな小名浜のリアルな姿を、
様々な視点で発信している『TETOTE』というサイトがある。
小名浜にこだわりつつ、おすすめスポット紹介などではなく、
地元出身または在住の方々による読み応えのあるエッセー、
何より「作りっぱなし」になっていないところが素晴らしいと思う。
これを個人の方が運営されているなんて!

我々ファミリーのゆみちゃんも原稿を依頼され、
とても彼女らしいエッセーを寄せていた。→
そして、インタビューには彼女の旦那様が近日登場!


思えば、
うちの夫はこのサイトがきっかけで1000円カットを卒業したし・・・
ますます身近に感じられるようになった今日この頃です。

 
// 10:20 // 未分類 // Comment(6)
| ホーム | 次のページ>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。